活動での10の基本的価値観

IICDでのプログラムは、私たちの時代のある大きな問題の中で出発点を取り、歴史のこの時間内に参加者とすべての人間の生活にこのような即時の関連性を持ちます。

一つの基本的価値観は、"可能なこと"を理解する重要性、対話、我々が住む世界の変化に関心を持つことです。

もし、私たちが住む世界を理解しないなら、私たちは世界を変えることができません。視野を開き、目を覚ますことが求められます。同様に私たちの周りとその他の人々が現在の現実での行為が求められます。

IICDでのプログラムを通し、参加者は地球上に存在する貧しい人々と共に、教育、創作、感動を経験し、Fighting Shoulder to Shoulderのプログラムに積極的に参加していきます。

大きなグローバル問題として、解決される唯一の手段の総力として実行されます。 

IICDは実際の経験を通し、知識の勉強、習得、実用的な環境を提供します。参加者がIICDを離れるとき人生でのしっかりとした立場を持ちます。

心理的欲求、思考の糧、心と魂、人への影響をもたらす訓練は私たちの教え、学びへと繋がっていきます。

IICDでは、コミュニティに焦点を当てた演習への従事は「実用的な知識」の育みとして定義されます。まず、一緒に私たちの仲間を構築します。第二に、私たちは一緒に私たちのコミュニティを構築します。そして最後に、私たちは一緒に世界を構築します。

 私たちの独自性の一部は、教育とDMMと呼ばれる教育のデジタルベース情報を私たち自身の教育の枠組みへ含みます。このユニークなデザインのデジタルシステムを使用すると、生徒を学習へと誘います。  

多文化的に多様な環境で働く能力は、この21世紀の時代に非常に求められます。 IICDの学生は文化的なベアリングの中で厳密に機能する世界中の人々と、効果的に働く能力を養います。

 

プログラムは、学習モジュールに分割されています。情報は、各モジュール内の新しいコンセプトに処理されます。各モジュールには、以前のモジュールの要素が組み込まれています。プログラムの最後で、学生は適応性の多くの必要な感覚を磨いてきた。我々の刻々と変化する日常に適応されています。

コミュニティベースの学習の目標は、学生にリーダーシップと同志の利点と実用性を教えることです。グローバルに個人の統一を通じて、リーダーシップの能力は一人一人がIICDに貢献し、我々の努力の焦点内外の誰もが恩恵を受ける方法で強化されています。

IICDでは、参加者が壁にぶつかり、挑戦することを奨励します。

 変化する壁は生徒の成長への過程と、その後の人生で生徒の大きな可能性を掴むきっかけになるでしょう。

IICDでは、一人一人が持つ世界を変える能力を重視しています。

人道的努力への探索は人の義務、授けられたものです。

 

人として、私たちは他人、地球への意識、責任のために選択、決断が迫られます。

そうして私達は私達自身と私たちの周りの人々を導くことができます。

Want to know more?

Fill out the application form to speak with one of our recruiters.

News From IICD
Our volunteers made this blogs while they worked in Mozambique and Zambia, Africa. An honest and authentic point of view of their project.
"As we stand on the edge of a new millennium, we dream of a tomorrow without hunger… Worrying about starving future generations won't feed them. Food biotechnology will."
It’s like this proverb from Sobonfu Some: “In the tribal life, one is forced to slow down, to experience the now and commune with the earth and nature. Patience is a must; no one seems to understand the meaning of “hurry up”.”
TO CAST OFF ONE'S CHAINS BUT TO LIVE IN A WAY THAT RESPECTS AND ENHANCES THE FREEDOM OF OTHERS" NELSON MANDELA
that the earth is NOT coming to an end on December 21st 2012 as predicted by some of our forefarthers
Aurora, Feoli and Takashi share their experiences in Brazil.
Friends Forever is arranging sales exhibitions "Master Sculptors of Zimbabwe and their Works" worldwide. Read more on http://www.friendsforeverzimbabwe.com
then the villagers could be free from the grasp of the loan sharks. That is what I did. I never imagined that this would become my calling in life.
that my six months in Lamego, Sofala state in Mozambique, would be such a great time in my life before getting there
but at the end you will get a bigger reward that only this experience can give you……. in my case it was…… humility.
Site By BerkSites - Berkshire Website Design
Website design, hosting and maintenance by BerkSites - Berkshire Website Design
loading...